ようこそ、いらっしゃいませ。

リバーウォーク北九州で「おやじカフェ」-サラリーマンらがダンスで給仕 /福岡

みんなの経済新聞ネットワーク 9月30日(月)8時5分配信


リバーウォーク北九州で「おやじカフェ」-サラリーマンらがダンスで給仕 /福岡

汗だくになりながらキレのあるダンスを披露した「おやじフレーバーズ」のメンバー

 小倉の「リバーウォーク北九州」(北九州市小倉北区室町1)で9月22日・23日と28日・29日の4日間、中高年の男性らがダンスを交えて給仕をする「もっとおやじカフェ-俺たちもっともてなしたい」が行われた。2009年に次ぎ2回目。(小倉経済新聞)

【画像】 来場客の親子連れとダンスを楽しむ秋武さん

 9月16日から北九州芸術劇場で始まった「ダンスダイブウィーク」の一環で、「宴会芸に磨きをかけたい」「メタボが気になる」「職場と家の往復の生活に飽きた」などの動機で集まったサラリーマンや経営者らとダンスボランティアチーム「おやじフフレーバーズ」の計16人が、振付師でダンサーの伊藤キムさんの指導を受け、7日間の研修期間を経て「ダンス給仕」に挑んだ。

 4日間の合計来店者数は「1000人を超えている」(劇場関係者)といい、最終日の29日、昭和歌謡曲をバックに「おやじたち」は息も絶え絶えながら客席を巻き込み、キレのあるダンスを披露した。額に汗して熱演するおやじたちを写真に収めようとスマートフォン片手にシャッターチャンスを窺う客や、コミカルな表情や動きに自然と笑みがこぼれる客の姿も見られた。

 出演者の一人で、干物販売業「じじや」を営む秋武政道さんは本業そっちのけで全日程に取り組んだ。「以前から『おやじフレーバーズ』の活動は気にしていた。お客さまと一体になって踊る喜びを味わうことができた」と満足げな様子を見せていた。

 伊藤さんは、「稽古の出来はさほど良くなかったが、本番では踊りだけでなく、カップの上げ下げなど、給仕全体にエンターテイメントを盛り込んでもてなすことができた。お客さまには喜んでもらえたと思う」と締めくくった。

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000004-minkei-l40
※この記事の著作権は配信元に帰属します

お読みいただきありがとうございます。

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

コメントを残す