ごゆっくりご覧ください。

神戸のホテルでフラッシュモブ-スタッフに扮したダンサーがサプライズ /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 5月8日(木)7時31分配信

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区波止場町、TEL 078-325-8111)のロビー中央アトリウムスペースで5月3日・4日、同ホテルスタッフに扮(ふん)したパフォーマーが突然ダンスをする「フラッシュモブ」が行われた。(神戸経済新聞)

【画像】 フラッシュモブに参加したダンサーたち

 同ホテルとして初の試みで「ホテルにお越しいただいたゲストへのサプライズ演出と非日常空間での楽しみを提供したい」と企画。各日2回(15時~・17時~、約5分間)を予告無しで行った。

 チェックイン客がロビーに多く集まる時間帯。フロント・レストラン・シェフ・ブライダルのスタッフに扮したダンサーたち11~12人は、直前まで一般客に混ざってタイミングを計り大音量のBGMと共に突然ダンスを開始。ホテルスタッフが踊り始めたのかと驚く人やフラッシュモブを初めて見たという人も多く、小さい子どもと一緒に喜ぶ親子の姿も見受けられた。

 参加したダンサーは「ホテルでのフラッシュモブは事前リハーサルができない。何が起こるかわからない環境で演じることでドキドキした」「いろいろな方がいる場所で、当日のお客さまの状況に応じて臨機応変に踊るということがとても刺激的で楽しかった」などと話し、「これこそがフラッシュモブ」と振り返った。

 同ホテルのセールス&マーケティング部マーケティング課・内匠陽子課長は「ホテルで突然スタッフたちが踊り出したら、ワクワクドキドキなサプライズ体験をゲストへプレゼントできるのではないかと企画した。初の試みで緊張したが、最初は驚いたゲストもすぐにリズムを刻みながら一緒に楽しんでいただきうれしかった」と笑顔で話していた。

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000002-minkei-l28
※この記事の著作権は配信元に帰属します

お読みいただきありがとうございます。

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

コメントを残す