訪問ありがとうございます。

<DANCE@LIVE>ストリートダンスイベント 今年の日本一ダンサーが決定

まんたんウェブ 5月7日(木)19時50分配信


 世界最大規模のストリートダンスのイベント「DANCE@LIVE JAPAN FINAL 2015」がこのほど両国国技館(東京都墨田区)で開催され、準決勝に残ったセミファイナリストたちが集結。1万人を超えるダンスファンの前で、パフォーマンスを競い合い、「ヒップホップ」や「ブレーク」など全6ジャンルのグランプリが決定した。

 「DANCE@LIVE」は、約1年間、全国各地で80回近く行われる予選を勝ち抜いてきたトップダンサーたちが集結し、頂点を競うストリートダンスバトルイベントで、2005年から開催されており、今年で10周年を迎えた。中学生以下の「キッズ」、大学生と専門学校生対抗の3人組で行う「ライズ」のほか、「ヒップホップ」「ブレーク」「ハウス」「フリースタイル」とダンススタイル別に分かれた六つのカテゴリーで行う。イベントではバトルのほか、大学生や高校生、キッズたちによるダンスショー、日本を代表するストリートダンサーのパフォーマンスなども披露された。

 ダンスバトルは、DJがその場でセレクトし、ダンサーは初めて聴く音楽に合わせて、2人、あるいは2組のダンサーが、交互にダンスを見せ合い、技術や特徴などを11人のプロダンサーが審査する。今年は、「キッズ」に出場したTAKUMIさん、「ライズ」に出場した駒澤大学の3人組「Gargling」、「ヒップホップ」に出場したoSaamさん、「ブレーク」に出場したTAISUKEさん、「ハウス」に出場したTAKESABUROさん、「フリースタイル」に出場したGUCCHONさんがグランプリを勝ち取った。

 TAKUMIさんは「ずっと目指していたところで優勝できた。本当にうれしいです」と、喜びをかみしめ、3人組の「Gargling」は「めっちゃうれしいです! ありがとうございます!」と大喜びしたあと「優勝できたー」と3人とも感動の涙を流した。「ブレーク」でこれまでに5度優勝しているTAISUKEさんは「俺のことが嫌いな人がいるかもしれないですけれど、6回も優勝したので、そろそろリスペクトしてください」とコメントして、会場を盛り上げた。

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000018-mantan-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

お読みいただきありがとうございます。

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組