訪問ありがとうございます。

きょう“のんのこ”前夜祭

長崎新聞 9月19日(金)9時4分配信

 長崎県諫早市の秋の一大イベント「のんのこ諫早まつり」が20、21両日、市中心部で開かれる。皿踊りをしながら街を練り歩く「のんのこ街踊り」には68団体の約5500人が参加する予定。100を超える出店も並び、街は祭り一色に染まる。

 諫早商工会議所や市などでつくる「のんのこ諫早まつり振興会」が毎年開いている。「のんのこ」は諫早の方言で「かわいい」の意味。江戸時代に始まったとされる「皿踊り」の継承と地域活性化が狙い。

 市役所前の中央交流広場がメーン会場。アエル中央商店街、市民センターでも踊りの披露や「お菓子まつり」などイベントを繰り広げる。前夜祭も19日午後6時半から諫早文化会館であり、各地区の民踊などを披露する。

 中央交流広場での主な行事は次の通り。

 ◇20日=午後0時半、オープニングセレモニー▽同1時45分、のんのこ街踊り▽同7時、九州有名芸能踊りの競演▽同8時半、のんのこ総踊り

 ◇21日=午前10時半、ヒーローショー(午後3時15分も)▽午前11時、ジュニア自慢発表会▽午後0時半、ふるさと芸能の祭典(同3時45分も)▽同6時、ストリートダンスコンテスト決勝▽同7時半、アマチュアバンドコンテスト▽同8時、お笑いLIVE▽同8時半、大抽選会&花火

長崎新聞社

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00010003-nagasaki-l42
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問感謝します。

【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

コメントを残す