訪問ありがとうございます。

群馬・安中総合学園高ダンス部が22日、東京・両国国技館で開催されるストリートダンスのイベント「ダンス アライブ ヒーローズ ファイナル2018」の高校ダンス部部門に出場する。今回の大会とは異なるものの2016年に「全日本高校チームダンス選手権大会」で初優勝しており、「私たちらしい踊りで再び頂点へ」と意気込んでいる。

 同高は1月の関東大会で優勝し、出場権を獲得。同じように地方予選を勝ち抜いた2チームと大会前日に行われる予選で選ばれる1チームを加えた計4チームで優勝を争う。

 大会で使用する曲はドリームズ・カム・トゥルーの「何度でも」。1~3年生の40人編成で、学校生活に苦悩しながら成長する女子高生の姿を感情豊かに表現する。

 2年前から使用している演目で、動きにめりはりを付けたりすることを心掛けてきた。石井佑奈部長(3年)は「いろんな人に前向きな思いを届けたい」とやる気たっぷり。指導する青木一由監督は「ひと味違った作風を見てほしい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00010000-jomo-spo
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問感謝します。

ストリートダンス教習DVD
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」