訪問ありがとうございます。

東京ドームで21日まで開催中の「ふるさと祭り東京2018」で20日夜、青森県にスポットを当てたスペシャルイベント「青森ナイト」が行われた。青森大学新体操部OBらでつくるプロパフォーマンス集団「BLUE TOKYO」をはじめ青森県ゆかりのダンサー、津軽三味線奏者らが出演。ストリートダンスと郷土芸能を融合させた舞台で、観衆を魅了した。

 青森県出身で首都圏で活躍しているダンサーやパフォーマー、楽器奏者のほか、ねぶたのはやし方やハネトなど約180人が出演した。ダンサーたちは青森県の春夏秋冬を全身を使って表現。「BLUE TOKYO」のメンバーはねぶたのはやしに合わせ、舞台上を縦横無尽に跳び回った。

 最後は大型ねぶたも出陣。出演者全員がハネトとなり、「ラッセラー」の掛け声をドーム中に響かせた。

 総合演出を手掛けたダンサーのTomoさん(青森市出身、東京都在住)は「青森県出身者はみんな青森愛が強い。故郷を長く離れても、はやしを聞くと胸がざわめく。見ている人たちにその熱を感じてもらいたかった」と高揚感に満ちた表情で話していた。

東奥日報社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-21131151-webtoo-l02
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問ありがとうございます。

自宅でスキルアップ ⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組