ごゆっくりご覧ください。

3人組現役女子高生ダンス&ボーカルグループのJ☆Dee’Z(ジェイディーズ)が19日に、ニューシングル「Melody」をリリース。2012年に開催されたオーディション『歌のあるガムプロジェクト2012「NEXT」』で、8000組の中からグランプリを獲得。2013年にフランスの「JAPAN EXPO」に史上最年少で出演を果たすなど話題を集めて、2014年にシングル「Beasty Girls/Let the music flow」でメジャーデビュー。昨年から3人組になり、NYで武者修行をおこなうなどを経て新しいスタートを切った。「Melody」は、爽快なサウンドと共に青春の切ない想いを聴かせるナンバーで、「これからも誰かの記憶に寄り添うようなメロディを奏でていきたいという気持ちを乗せて歌った」と話す。青春まっただ中の3人が、NYで得たものは? 今作「Melody」で表現したものは?

3人共通の思い出の曲は、KE$HAの「Tik Tok」
――前回のシングル「Answer」に際しては、NYで武者修行をおこなって。自分たちなりの答えを提示した上での、今回のシングル「Melody」ということで。

ami NY武者修行は、今の私たちの新しいスタート地点で、転機になった経験です。路上でライブをして、電車の中や駅でも歌って。肉体的にも精神的にも、すごく鍛えられました。NYはエンターテインメントの聖地で、街を歩いている人もみんな目が肥えて正直です。最初は、私たちのことが見えていないかのように、素通りされてしまって。3秒でもいいから足を止めてもらうためにはどうしたらいいか、ライブをやるごとに作戦会議をして、最後にはみんなに見てもらえるようになって。最初と最後では、パフォーマンスがまったく違うものになっていたと思います。

Nono 「Answer」の時にたどり着いた答えは……技術的な部分とか、ステージに立つ上で意識するべき点がたくさんあり、そういう細かいところばかりに目が行っていたということです。でもパフォーマーとしていちばん大事なのは、表現することの楽しさや、観に来てくれる人に対しての感謝の気持ちとか、そういう「気持ち」という部分だったと気づくことが出来ました。だから「Melody」は、私たちらしく、変に意識することなく、シンプルに伝えたいことや思っていることを歌にして、楽しんで表現したいと思いました。

MOMOKA 小学生の時から長くやって来て、その中で忘れかけていたことが多くて、それをNYで思い出すことが出来ました。ステージが用意されていること、歌えていることや楽曲提供していただけていること、応援してくれる方の存在など、当たり前のように思っていたものは、決して当たり前ではないものなんだと、初心に還ることが出来ました。

ami そうした経験を経ての前作「Answer」で、その上での今作「Melody」です。聴いてくださるみなさんそれぞれの中で、記憶と結びついたメロディがあると思いますが、私たちのこの「Melody」という曲が、聴いてくれる人の思い出と共に、心に残ってくれたら嬉しいです。そういう気持ちを込めて歌っているし、これからもそういう誰かの記憶に寄り添うようなメロディを奏でていきたいと思っています。

――「Melody」の曲調は、爽やかで力強さもあり、まさしく青春といった雰囲気。アップテンポだけど切なさがあって、そのギャップに胸を掴まれる感じでした。

ami 歌っている自分たちも、心がむず痒いような苦しいような、でも心地の良い苦しさを感じて、そんな切ない気持ちでレコーディングしました。

Nono 歌詞に<#friends写る君>というフレーズがあって、そこも私たちの等身大の曲だなと思うところですね。

 学校の友だちと写真を撮ってSNSにアップするときに、「#friends」とハッシュタグを打つのですが、たとえば中学で一緒だった仲の良かった子が、高校の友だちと撮った写真を上げているのを見て、当時を思い出して懐かしく思うみたいな感覚もあって。

ami 私は兵庫県出身で、中学から東京に来て今年で5年目ですが、今でもフッと寂しくなったり切なくなったりする時があって。今の時期なら、地元ではお祭りをやっているんだろうな~と思って、「#friends」で検索したら、地元の友だちが祭りで楽しんでいる写真を見つけて。まさしく歌詞の通りのことがあって、久しぶりに会いたいな~って切なくなりました。

MOMOKA 私は神奈川出身ですけど、中学で引っ越しをして、ゼロから友だちを作った経験があるし、高校でも環境が変わったから、前の学校の友だちのことを懐かしむような感覚は分かりますね。

Nono 私は東京出身ですけど、転校が多かったです。一個前の学校の友だちとは今も仲が良いのですが、よく「頑張っている姿をSNSで見ているよ」と連絡をくれて、そういう応援をもらうと、もっと頑張らなきゃなって力になりますね。

――歌詞には<夏が来るたびラララ 口ずさむよ懐かしいメロディー>という歌詞がありますね。

MOMOKA 聴いてくれる人が、思い出の曲を当てはめて聴いてくれたら良いなと思います。

――3人にとって共通の思い出の曲はありますか?

Nono KE$HAさんじゃない?

MOMOKA そうだね。結成するときのオーディションで課題曲だった「Tik Tok」は、いちばん踊った曲です。

ami 私たち3人が出会ったのは小学生の時で、KE$HAさんの「Tik Tok」を聴くと、あの頃は心底ダンスを楽しんでいたな~とか、ステージから見た景色はきれいだったな~とか思い出します。結成して8年、ぶつかり合ったこともあったけど、それを乗り越えて今があるよな~とか、思い出や気持ちがいろいろ甦ります。

Nono 振り付けが、最初は寝転がった状態から始まるんです。だからこの曲が流れると、今でも反射的に寝転びたくなりますね(笑)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00010002-musicv-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問ありがとうございます。

⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組