訪問ありがとうございます。

中学校でダンスが必修になって、はや4年。やっぱりちょっと気になるので、聞いてみたい。「学校の授業でダンスをやるって、ダサくないですか?」。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)
【画像】ジュリアナ・マハラジャ…ディスコで踊り明かすバブルな人々
学校とヒップホップは両立するのか?
 学校って、「ちゃんとしなさい」「ふざけてはいけません」と言われまくる空間です。
 そんな「ザ・真面目」な場所で、体でリズムを刻むヒップホップダンスって、両立しなさそうです。
 思い切って質問をぶつけた相手は、振り付けユニット「振付稼業air:man」の杉谷一隆さん。
 「振付稼業air:man」は、いきものががりの「じょいふる」など、それはもうたくさんのアーティストの楽曲やCM、ライブの振り付けを担当してきた、有名な振付師集団です。
 彼らは、2014年に学校の授業で使うことを想定した「振付稼業air:manの踊る教科書」(東京書籍)を出版しました。
 実際に、学校にも行っているそうです。
必修化がダサい
――学校っていう真面目すぎる空間で、しかも授業でダンスをやるって、ダサくならないでしょうか?
【杉谷】
うーん。
学校で踊ることがダサいんじゃなくて、「必修化」っていうやり方がちょっとダサかったのかもしれませんね。
僕らとしても、ダンスの裾野が広がるのはうれしいんですが、必修化によってダンスを「やらされて」、嫌いになる子が出ないか、だとしたら諸刃の剣だなと危惧しています。
ダンスは楽しむものであって、悩むものではないのに。
学校でどう取り組んだら良いのかを提案したくて、本(踊る教科書)を出しました。
――シャイな子はダンスが苦手でしょうし、中学生って他人の目とかいろいろ気にするお年頃です。
【杉谷】
もし僕がいま中学生でも、「なんで先生に言われてダンスしなきゃなんないの?」って斜に構えたかもしれません。
でもね。
ダンスって本来は「教わるもの」じゃないんです
――と言いますと?
【杉谷】
いま子どもにとっての「ダンス」って、ダンススクールといった「習いごと」か、ひとつの「スタイル」を追求するためのダンスか、いずれにしても「教わるもの」「うまくなるもの」。でもそれは狭い価値観です。
ダンスって、リズムにのって、体を動かして、コミュニケーションをとる。それだけ。
本来、もっと日常にあるものです
――ありますかね?
【杉谷】
以前、テレビの企画で「人はなぜ踊るのか?」のこたえを探しに西アフリカのセネガルに行きました。
ヒップホップダンスの源流が西アフリカという説があるんです。
現地で、長老に「なんで踊るんですか?」って尋ねたら、
「逆におまえら、なんで踊らないの?」って聞き返されたんです。
もう、それが答えで。
リズムにのってみて、あわよくば動いてみてみんなが笑顔になって。それだけ。
例えば朝起きて、歯を磨いている時、音楽なんか聴くかもしれない。その時に歯ブラシの動きとリズムが合うかもしれない。それだけでいいんです。
楽しければ踊れば良いし、楽しくなきゃ、踊らなきゃいい。
ダンスってそういうものです。
――もっと自然な存在だと
【杉谷】
はい。日本各地に根付いている盆踊りだって、おじいちゃんおばあちゃんが孫に伝えて、みんなで踊って、っていうふうに日常にあるものでしょう? 
それが「学校!」「ダンス!」「ヒップホップ!」ってなるからぎゅっとかたくなってしまう。
先生が授業のために一生懸命にヒップホップダンスを覚えるとか、踊れる生徒が先生に教えてあげるとか、「教える」だと一方通行のコミュニケーションなんです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000002-withnews-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問ありがとうございます。

⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組