ごゆっくりご覧ください。

広島県、フラッシュモブPR動画制作~若者の投票率アップが目的

MarkeZine 6月27日(木)11時45分配信

広島県、フラッシュモブPR動画制作~若者の投票率アップが目的

画像

 広島県選挙管理委員会は、第23回参議院議員通常選挙における若者の投票率を向上を目的とし、フラッシュモブのPR動画を制作した。

 フラッシュモブとは、突然集まった群衆が、公共の場所で共通の行動を行い、数分後には何事もなかったかのように立ち去るパフォーマンスのこと。PR動画では、広島市内のある広場で、買い物客や通行人の若者達が、突然、オリジナルソング「EVERYBODY,GO! 投票! 」に合わせてヒップホップダンスを踊り出す。その後、ポーズを決めた後で若者達が皆で投票会場へ向かう。

 インターネット選挙運動の解禁により、ネットを通じて選挙情報に触れる若者が増えることが予想される。制作した動画はインターネットで閲覧でき、FacebookページやTwitterアカウントも開設している。

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000000-sh_mar-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します

またおいでくださいませ。

【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

コメントを残す