訪問ありがとうございます。

県内の私立学校に通う高校生・中学生が、歌やダンスなどを発表する「かながわ私学スプリングフェスティバル2017」が23日、ランドマークプラザサカタのタネガーデンスクエア(横浜市西区)で開かれた。同フェスティバル実行委員会の主催。
 私立学校に通う生徒の活動を広く発信することが目的で、今年初めて開催された。公募で集まった浅野、神奈川学園(いずれも同市神奈川区)、鶴見大付属(同市鶴見区)、法政二(川崎市中原区)、緑ケ丘女子(横須賀市)、湘南学園(藤沢市)の生徒約60人が、日ごろの部活動の成果を披露した。
 湘南学園軽音学部は、生徒5人が2曲を演奏。他校の生徒らからも声援が送られた。鶴見大付属バトン部は、バトンやフラッグを使った創作ダンスを元気に演技した。このほか、ジャグリングや合唱、ヒップホップダンスなども熱演され、保護者や学校関係者、買い物客ら約200人が大きな拍手を送った。また、私学教員有志によるバンド演奏、私学への助成増額などを求めるアピールも行われた。
 合唱部で参加した法政二高2年の生徒(16)は、「会場の上のフロアで立ち止まって見ている人もいて、緊張した。こういう場所で歌う機会はなかったので、聞いてくれてうれしかった」と笑顔で振り返っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00017387-kana-l14
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問ありがとうございます。

ダンス必須 ⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」