ごゆっくりご覧ください。

ラッパーのZeebraさんが9月から、慶応大学の特別講師としてヒップホップについて教えている。BuzzFeed Newsは12月、三田キャンパスで行われた「白熱教室」を取材した。小中学校と慶応に通っていたZeebraさんの、授業へかける思いとは。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

ラッパー「母校」に帰る Zeebraが慶応で語ったこと
講義に聴き入る学生ら
「白熱教室」に密着
「この時代からラッパーを使ったCMが一気に増えます。韻を踏むということは、CMで言葉を刷り込むうえで威力がある。ヒップホップがメジャーな商品のプロモーションに使われるようになっていったんです」

12月13日の2時限目、大教室に詰めかけた約50人の学生たちが、Zeebraさんの言葉に聴き入っていた。

この日のテーマは1990年代の米国のヒップホップの歴史。東海岸と西海岸のスタイルの違いや、ラップが広く浸透し、経済と結びつきながら市民権を得ていく様子を解説した。

当時のミュージックビデオを紹介しつつ、要所要所でZeebraさん自身の実体験も披露。その一方で

「『Nothin’ But a G Thang』のミュージックビデオでスヌープ・ドッグの帽子にモザイクがかかっているのは、大麻のマークが入っているから」

「2パックはニューヨーク出身。はじめは『MCニューヨーク』という超ダサい名前だった」

といったトリビアも織り交ぜ、学生を飽きさせない工夫が感じられた。

ラッパー「母校」に帰る Zeebraが慶応で語ったこと
講義で配布された資料
ヒップホッパーの育成めざす
授業の正式名称は「現代芸術2 ヒップホップ文化とラップの構造」。来年1月中旬まで、15回かけてラップのやり方や国内外の歴史などを教える予定だ。

ヒップホップ=ラップと思われがちだが、ヒップホップはラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティの4大要素からなる。

「ラッパー養成講座ではなく、ヒップホッパー育成のための授業にしたい」という思いから、DJ OASISさんやダンサーのHORIEさん、グラフィティ・アーティストのTOMI-Eさんらもゲストに呼んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00010006-bfj-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

またおいでくださいませ。

自宅でスキルアップ ⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!